喬屋(きょうや)の蕎麦は香りが立ちプリっとコシがある

喬屋(きょうや)

喬屋(きょうや)

蕎麦(ざるおろし)喬屋(きょうや)は金沢市太陽ヶ丘のもうひとつ奥にある山手の蕎麦屋だ。基本メニューは、ざる、おろしの2品。シンプルに蕎麦を楽しむ店だ。
遠田は菜食(ベジタリアン)なのでカツオの効いただしは得意でない。そこで、おろしそば(おろし蕎麦)のだしを生醤油に変えていただけないか聞いてみたところ、お店側は快く応じてくれた。とても親切な対応であった。
手打ちで香り高い蕎麦なのに、蕎麦(そば)の麺がつるっとして適度なコシがある。辛味大根もよく効いている。いい蕎麦だ。おいしくいただいてきた。
蕎麦粉は福井県産のものを使っているという。

Kyouyasoba_02

蕎麦(ざるおろし)喬屋(きょうや)の外観写真はこれ。民家を改造したお店で、親しみがある風情だ。

喬屋(きょうや)のホームページには、以下のように紹介されている。
本当に、こだわったものをお客様に提供するため
毎日限定数のみしかお出ししておりません。
ご来店前にお電話いただければ幸いです。

お店の一部には、和を中心とした器やアクセサリー・
小物・家具等のギャラリースペースがございます。
そちらの方も是非、ご覧ください。

Kyouyasoba_03
蕎麦(ざるおろし)喬屋(きょうや)の「喬」の由来は、喬屋オーナーの名前が「喬」だからであろう。

「喬」さんはかつて大手広告代理店に勤務していた藤田喬さん。
そのころ遠田は印刷会社の営業マン。

「喬」さんには、よくお世話になった。いまさらですが、ありがとうございます。 ペコリ m(__)m

Kyouyasoba_04

▼お店のデータ
蕎麦(ざるおろし)喬屋(きょうや)
金沢市俵町ヨ67
電話076-233-2007
営業は金土日月、午前11:30~

喬屋(きょうや)までの地図は以下のとおり。
Kyouyamap

初めて行くときはちょっと迷いそう。地図をプリントしておくか、カーナビにデータ入れておくとよい。

ミシュランガイド掲載店

https://dm2.co.jp/2006/05/post_50ff.html

蕎麦(ざるおろし)喬屋(きょうや)
金沢市俵町ヨ67
電話076-233-2007
営業は金土日月、午前11:30~


 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2017年2月には蕎麦鑑定士2級に認定されました。1級認定まで最低4年かかりますが、順調なら2018年2月に蕎麦鑑定士1級になれるはずです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。