乾麺でも蕎麦湯が飲める9割そばがありました「究極そば」

乾麺・究極そば

乾麺・究極そば

乾麺のそばは通常のそば粉の比率が半分以下で、原材料表示を見ると「小麦粉、そば粉、塩」という順番になっているのが普通です。しかし、中にはそば粉が9割というすごい乾麺のそばもあるんですね。

山本食品の「究極そば」は「そば粉90%」とうたわれており、原材料表示は「そば粉、小麦粉、塩」となっています。

味も香りもなかなかのものでした。

乾麺のそば

乾麺のそば

作り方は簡単です。ぐらぐら煮立ったたっぷりのお湯に乾麺を入れ約5分。そばが茹で上がったら、ざるですくいあげ水で冷やします。出汁はおこのみですが、今回は大根おろしと醤油でいただきました。
蕎麦を茹でたあとのお湯が、しっかりと蕎麦湯になってました。少し塩分を感じますが、なかなかおいしい蕎麦湯になっていて、そのまま飲めますね。これはいいです。

究極そば

究極そば

調べてみると、乾麺で十割蕎麦もあるようです。

入手しだいレポートしていきますね。

 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2017年2月には蕎麦鑑定士2級に認定されました。1級認定まで最低4年かかりますが、順調なら2018年2月に蕎麦鑑定士1級になれるはずです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。