年末の越前蕎麦はかつお節抜きのおろし蕎麦で

見吉屋のおろし蕎麦

福井市の繁華街一帯を「片町」といいますが、正式町名は順化です。どうやら片町というのは通称のようですが、地元福井のひとはほとんどこのあたりのことを片町といいます。

その片町には越前そばの名店が複数あります。見吉屋さんもそのひとつ。繁華街なのに広い無料駐車場もあるのでとっても便利。おろし蕎麦1杯500円(税込みだと540円)という価格もとってもありがたい。

見吉屋のおろし蕎麦(モーション画像)

年末とあって混雑していたので、複雑なオーダーにせず「おろしそばの鰹節抜き」にしました。以前、昼に見吉屋さんで食べた時よりも太打ちになっていましたが、お店の方に聞くと「たまたまですかね」といわれました。以前の蕎麦と比較すると明らかに今日のそばの方が太いです。この太さのほうが絶対にいいので、次に来る時もこの太さを期待したいです。

見吉屋さんは、たしか昼営業と夜営業で蕎麦を打つ職人が変わるときいたことがあります。なんでも親が昼、息子さんが夜だとか…。そのことは確認できませんでしたが、おいしいおそばでした。香りよくコシも適度で、バランスのよい食べやすい蕎麦でした。ごちそうさま。

明日、明後日といよいよ年越しそばの時期で、蕎麦屋さんは大忙しです。

https://dm2.co.jp/2013/06/soba_miyoshiya-.html

越前そば 見吉屋本店
福井県福井市順化1-11-3
電話 0776-23-3448 FAX 0776-23-3458
定休日:日曜日 営業時間 11:00~21:00


 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2017年2月には蕎麦鑑定士2級に認定されました。1級認定まで最低4年かかりますが、順調なら2018年2月に蕎麦鑑定士1級になれるはずです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。