うるしやの田舎そば

レジェンドと言われた越前蕎麦屋が復活【越前市うるしや】

うるしやさんの開店時間は11時。開店と同時にお店に入ると、庭が見える席に案内されました。 うるしやさんのメニューは豊富で、蕎麦以外のメニューも充実しています。これはお酒を飲みたくなってしまいすね。 実は「越前そば」という

そば切り仁は中谷家の中にある手打ち蕎麦屋です

中谷家は1600年代に建てられた庄屋の家屋で、天領庄屋中谷家として石川県の有形文化財ですが、一般に開放されています。そば切り仁はこの中谷家の中にあるお蕎麦屋さんです。 そば切り仁の蕎麦は大野産の玄そばを石臼で手挽きで自家

土日しか営業していない越前市旧今立地区そばの名店が山路(やまじ)さんです

外一で太打ちのおろしそばをいただきました。 越前そばらしい太さ固さ香り味わい、とてもバランスのよいお蕎麦でした。噛みごたえがあって、噛むともちもちした食感がまたいいんです。最初は出汁につけずに食べましたが、香りがとてもよ

津幡町のかめ谷は十割蕎麦だけのお蕎麦屋さんでした

お蕎麦のメニューはすべて十割蕎麦でした。香りよくきれいに細打ちされていてとても好感が持てました。 そばがきもいただきました。そばがきはそば粉だけで作られているので、素材のよしあしがわかります。もちもちとした食感と蕎麦の上

三国の「ゆうたろう」さんは福井県産十割蕎麦の店

福井県産の蕎麦で打った十割蕎麦のお蕎麦屋が三国町にあるというので行ってきました。オープンしたのは2年ほど前のようですがSNSでは人気なようでよく写真が流れてくるので気になっていました。そのお蕎麦屋さんは手打ち蕎麦ゆうたろ

「でわかおり」という蕎麦粉を湯捏ね外2で手打ちという蕎麦会に参加しました

今回は、常設のお蕎麦屋さんではなく、そば打ちの会でのお蕎麦を紹介します。 会場は椿家さん(ページ下部に地図情報を載せました)を貸し切りで、約20名の参加です。 そば粉は山形県産の「でわかおり」でした。初めて知った品種です

日の出屋は、あわら温泉エリア内にある本格的な手打ち蕎麦の店でした

えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」から徒歩数分の芦原温泉エリアに、そば処 日の出屋さんはあります。 温泉街ということもあり、お酒もあり、お酒にあいそうな肴もありました。 しかし、やはり注文するのはシンプルに蕎麦。おろし蕎麦

くらみつに白くて細い更科登場、極太粗挽き田舎そばとのコラボは圧巻です

冬季休業していた蕎麦処くらみつさんが先週から営業再開していましたので今年初めて行ってきました。 メニューに「更科」があったのでびっくり。 早速、注文してみました。 白いです。細いです。美しいです。やはり更科ですね。 ほぼ

羽咋市神子原の農産加工品直売所に十割蕎麦の店が併設【そば処 里山】

いいお蕎麦です。香りがあり旨味も濃いです。石臼手挽きだということでした。それで十割そばを打っているということなので毎日たいへんだろうと思います。 二種盛りで注文しました。太い方は十割の粗挽きの田舎そばです。細い方は確認す

やぶけんの蕎麦は粗挽きの太打ちで蕎麦の味を噛みしめられます

金沢市近江町市場のすぐ近くにある「やぶけん」に行ってきました。オープンしたのはたしか2014年8月なので4年ほど経っています。開店時刻の11:30前に着いたのでしばらく待つと店主らしき人が店内から出てきてのれんをかけてオ

神田まつやのもりそばは二八の細麺でした

神田の蕎麦といえば「かんだやぶそば」か「まつや」といわれるくらいの老舗のお蕎麦屋さんが「神田まつや」です。建物も瓦葺きの古びた日本家屋のままで、外観も江戸情緒たっぷり。その、神田まつやさんで定番のもりそばをいただいてきま

小幸の今年の蕎麦は福井県産ではない

小幸さんは石川県内で十割蕎麦のみを提供する数少ない本格的なお蕎麦屋さんです。蕎麦を丸抜きで仕入れて自家製粉して十割そばを打つというこだわりようです。 さて、今年の蕎麦は福井県産ではないです。残念です。福井県産の蕎麦を使っ

年末の越前蕎麦はかつお節抜きのおろし蕎麦で

福井市の繁華街一帯を「片町」といいますが、正式町名は順化です。どうやら片町というのは通称のようですが、地元福井のひとはほとんどこのあたりのことを片町といいます。 その片町には越前そばの名店が複数あります。見吉屋さんもその