村田屋の十割おしぼり蕎麦は着々と進化している

最近、新しい蕎麦屋に行くことが減ったため、この北陸の蕎麦食べ歩きへの投稿頻度が減少しています。記事を楽しみにしてくれている方には申し訳ないです。新しい蕎麦屋を見つけたらまたレポートしますね。 さて、今回は再訪問の蕎麦紹介

乾麺の十割蕎麦でまたまたうまい蕎麦発見!松代そば善屋の十割そば

この蕎麦ブログを読んでいるという方から、「うまい乾麺十割の蕎麦がある」と教えていただき、取り寄せて食べてみました。 それが、松代そば善屋の十割そばです。 乾麺なので香りはあまり期待できませんが、味の方はなかなかです。しっ

やぶかぶれは輪島にできた新スポット、ブータンの蕎麦を二八で打った細麺と太麺があります

輪島市のまちなかに今年オープンしたばかりの新スポットに行ってきました。 まちなかの空き家をリノベーションした分棟タイプの商業集積でKABULET(カブーレ)という名称。そのメイン施設にはお風呂と蕎麦が食べられるレストラン

そば切りげんは石臼手挽きの蕎麦粉を藤瀬の霊水で打っています

うまい蕎麦です。福井県産の蕎麦を石臼で手挽きした蕎麦粉を使って手打ちした蕎麦です。そば切りげんは藤瀬の霊水公園のすぐ手前にあり、そば打ちに使う水は藤瀬の霊水と同じ水源の水を使っています。 純粋にお蕎麦がおいしいです。黒々

森六のおろし蕎麦、やっぱりうまい

久しぶりに森六さんでおろし蕎麦をいただきました。やはりうまいです。独特のもちもちした太麺の蕎麦といい、数種の大根おろしをブレンドしたといわれる出汁といい、これぞ越前そばという「おろし蕎麦」ですね。おいしくいただきました。

乾麺の十割蕎麦なら、信州「本十割そば」が国産蕎麦粉100%無塩でおすすめできます

先般(2018年3月5日)の蕎麦鑑定士1級認定の食味官能体験では12種類の蕎麦を食べました。どれもすばらしい蕎麦でした。 そのうちのひとつがなんと乾麺の十割蕎麦でした。 これがびっくりのおいしさ。さすがに香りは手打ち蕎麦

富山の名店「草の子」は冬9割、夏二八と蕎麦を打ち分けているようです

そば処 草の子は、富山県の蕎麦店としてミシュランガイドに掲載されるほどの有名店です。 ざるそばとそばがきをオーダーしました。先に出てきたのはそばがきでした。あたたかい湯気が上がるふわふわのそばがきは、食べるともちもちした

くらみつの十割蕎麦は箸より太い極太麺、噛んで味わう十割蕎麦です

くらみつの十割蕎麦は一日数名分の限定になっています。これまで何度か来店していますが、いつも売り切れです。今日は開店時間の11時30分と同時に入店したので十割蕎麦をいただくことができました。 くらみつの十割蕎麦は極太の短め

福籠(ふくろう)は富山県八尾産の蕎麦を使った石臼挽き十割蕎麦が魅力です

福籠(ふくろう)という名前の本格手打ち蕎麦屋さんが2015年にオープンしたということでやってきました。 富山県八尾産の蕎麦を石臼挽きした蕎麦粉で手打ちしているそうです。二八蕎麦と十割蕎麦と選べるのもうれしいですね。今回は

手挽きの石臼で挽いた蕎麦粉で打った粗挽き蕎麦は蕎麦本来の香りと味わいがありますね

能美市に新しい蕎麦屋がオープンしたようなので行ってきました。蕎麦処 滝(そばところ たき)さんです。 基本的に蕎麦だけのシンプルなメニュー構成になっています。いちおしは「おろし蕎麦」のようなので、早速オーダーしました。出

蕎香の二色盛りは更科と二八蕎麦

蕎香さんは4年ほど前にオープンした割と新しいおしゃれなお蕎麦屋さんで、若い女性客やカップルに人気です。店主も若くてイケメンだし、女性スタッフもカフェの店員さんのようにすてきです。 しかし、蕎香の店主の宮本さんは見かけだけ

太打ちと細打ち二種の十割蕎麦を楽しめる敬蔵

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 数少ない石臼挽き自家製粉で、しかも玄蕎麦も農家から直接買い付けているというこだわりの蕎麦屋が石川県野々市市のそば処敬蔵(けいぞう
敬蔵細打ち蕎麦を竹箸でリフト

マル金は武生らしい越前おろし蕎麦

越前市南部にあるマル金さんは越前そば屋さんらしい店です。路面店としては店構えも大きく立派で、店内には小上がり畳部屋が6箇所以上あります。人気のメニューは辛いおろし蕎麦。 ここではやはり定番の越前おろし蕎麦をオーダーします

どうぐや辛み蕎麦

坂井市三国地区は「辛み蕎麦」という呼び名の越前蕎麦があります。辛み蕎麦とは、辛み大根おろしの絞り汁とダシをあわせて食べる越前蕎麦で、大根おろしは使わず大根おろし汁だけを使うのが特徴です。現在は16店舗も辛み蕎麦を食べるお
どうぐや辛み蕎麦

亀屋の十割そばは粗挽き細打ちの田舎そばです

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。 【食味体験の感想、お薦めしたい部分】 石臼で自家挽きしているお蕎麦屋さんは石川県内ではそれほど多くありません。数少ない石臼挽き自家製粉のお蕎麦屋さんのひとつが、かほく
亀屋の田舎そばは十割そば

福そば本店の十割蕎麦

福そば本店で十割そばをいただきました。福井県大野市は蕎麦産地として名高いだけでなく、御清水が湧くという水のきれいなところです。いい蕎麦がとれる蕎麦産地で水もいいとなれば蕎麦もいいですね。 さすが大野の十割蕎麦。香りもよく

勘助のおろし蕎麦

勘助のおろし蕎麦をいただきました。かつお節抜きで。太めで越前蕎麦らしい蕎麦です。 勘助という店名は創業者の名前で、創業は明治25年。蕎麦の名店が多い越前市今立地区の中でも古くから営業をしている蕎麦屋さんです。 なお、徒歩
勘助のおろし蕎麦

野菜天ぷら蕎麦定食はお多福問屋町店

金沢にはお多福という、うどん蕎麦の飲食店が多数ありますが、店それぞれ独自に経営をされています。 お多福問屋町店は四店舗を運営しており、うどんも蕎麦も自家製麺です。とくに蕎麦は人気が高く、石川県産と福井県産とのブレンドの二

森六のせいろ

森六のメニューはシンプル。蕎麦しかありません。 基本的に「おろし蕎麦」か「せいろ」です。(あと極上のせいろがありますが) 今日は「せいろ」をいただきました。森六のせいろはおろし蕎麦とは違う蕎麦です。おろしは太麺ですが、せ
森六のせいろ