香り蕎麦 亀平(石川県) 香り立つ十割粗挽き蕎麦が一番のおすすめです

この記事は蕎麦鑑定士のレポートとして書いた内容です。

【食味体験の感想、お薦めしたい部分】
香り蕎麦 亀平(きへい)は2012年10月にオープンした蕎麦屋です。マスター西川幸平さんはまだ30歳代と若いのですが、純粋に熱心に蕎麦道を追求していることが感じられ、その姿には好感が持てます。実は父も現役でかほく市の亀屋という蕎麦屋を経営しています。亀屋も蕎麦の名店でその蕎麦屋の技術をDNAとして受け継いでいるのでしょう。親子二代で蕎麦屋を別々に運営しているという親子蕎麦屋さんなのです。

亀平の入口

亀平の入口は蕎麦屋らしからぬモダンなイメージ

さて、今日の注文は「二色せいろ」の大盛り。亀平の蕎麦はせいろと粗挽きの二種ありますが、「せいろ」は外一の九割蕎麦で、粗挽きは挽きぐるみの十割蕎麦です。二色せいろはこの二種を一度に食べることができるメニューです。「二色せいろ」の普通だとひとつの器で出されるのですが、大盛りにすると別々の器で出してくれます。
というわけで一品づつ賞味することができます。

粗挽き蕎麦

亀平の粗挽き蕎麦は十割蕎麦

先に粗挽き蕎麦を出してくれました。粗挽き蕎麦は田舎風で黒い星が入ったひきぐるみの蕎麦です。荒々しい十割蕎麦ですが、麺は信州風に細めに仕上げてあります。この粗挽き蕎麦は蕎麦の香りが抜群。少し固めでコシが強いのも好きで、蕎麦の旨みを噛んで味わうことができる蕎麦です。蕎麦を口の中で噛むとさわやかな蕎麦の香りが鼻に抜ける感じのいい蕎麦です。越前蕎麦ほど太くないのにこれだけ蕎麦そのものの旨みをぎゅっと凝縮して提供できるとはかなり蕎麦に精通しているのでしょうね。蕎麦粉は亀屋と同じものを使っており、信州産の蕎麦粉がベースです。
(一品だけ単品で注文するならまずこの粗挽き蕎麦を食べるのがおすすめです。ただし、二色せいろにすると粗挽き蕎麦とせいろの両方食べられます。)

亀平のせいろ

亀平のせいろは外一の九割蕎麦

しばらくすると、せいろが来ました。せいろは外一の九割蕎麦です。せいろのほうは粗挽きと趣向を変えており、伝統的なつるつるしこしこの蕎麦を狙っているようです。味わいよし、喉越しよし、香りもちゃんと立っているということで、蕎麦好きにはたまらない逸品です。
粗挽きを食べてからせいろという順番も心得たもの。最初に粗挽きの蕎麦の香りとパンチに効いた旨みをガツンと感じ、次のせいろは喉越しよくツルツルっとフィニッシュ、最後までおいしくいただける流れです。

亀平の二色せいろ大盛り

亀平の二色せいろ大盛り(左の粗挽きはすでに箸をつけています)

ちなみに、私はベジタリアンなので魚介類は食べません。かつおの効いたダシは苦手なので、普通の蕎麦屋では注文時にダシ不要かつお節抜きと伝えることが多いです。
気が利く亀平のマスターはダシの代わりに少量の塩と醤油(かえし)をつけてくれます。うれしい心遣いです。箸先にちょっと塩をつけて蕎麦と食べると蕎麦の旨みが引き立ちます。また、大根おろしと醤油をあてに蕎麦を食べるのもおつなものです。

しかし、うまい蕎麦にはダシ無しの方が蕎麦本来の旨みを感じることができます。とにかく、最初の一口目はダシをつけず、香りを感じてから蕎麦だけをいただくことにしています。あくまで蕎麦が主役で、蕎麦が旨いという蕎麦屋が好きです。
亀平の蕎麦はダシがなくても最後まで食べきれるクオリティを持つ数少ない旨い蕎麦屋のひとつです。

亀平の二色せいろ(普通盛りはひとつの器で提供されます)

亀平の二色せいろ(普通盛りはひとつの器で提供されます)

※二色せいろ普通は1050円、大盛りだと1300円です。別の器で出される大盛りがお得です。

【こうしていただけたら、うれしいという、お店への提案】
亀平は昼営業のみなので夜はやっていません。できれば夜にお酒と一緒に蕎麦をいただきたくなります。予約すれば夜でも開けてくれるそうですが、少人数だと気後れします。ひとりでも蕎麦と酒を楽しめる日を作ってくれるとありがたい。たとえば、金曜と土曜だけは夜も営業するというのはどうでしょうかね。
…と思っていたら、金曜と土曜日は夜営業もすることになったようです。うれしいですね。金曜と土曜は18:00~20:30(ラストオーダー)です。

【食味体験をした日時】
2014年7月3日(木)12:30

【受講生のお名前と読み】
遠田幹雄(とおだみきお)

【受講生のご住所】
石川県かほく市木津ロ64-1

【サイトに発表する際のハンドルネーム】
どもども遠田

【食味体験をした店名】
香り蕎麦 亀平

【店名の読み(ひらがな)】
かおりそば きへい

【店の電話番号】
電話 076-292-1156

【店の住所】
石川県金沢市新神田2-12-2

【アクセス】
JR金沢駅から車(タクシー)で約10分、新神田交差点近く、新神田バス停から徒歩2分

【営業時間】
昼 11:30~15:00
夜 18:00~20:30(金曜と土曜のみ)
※夜はふだんは営業していない曜日でも事前に予約すれば可能、数名での貸し切りも可

【定休日】
月曜日(月曜が祝日の場合は営業することもある)

【ひとり分の平均的な予算】
昼 840円~1300円(1130円の蕎麦ランチが人気)
夜 840円~2000円

【予約】

【クレジットカード】
不可

【個室】

【席数】
15席(テーブル3卓、カウンター5席)

【駐車場】
有 店舗の前に5台駐車可

【煙草】
禁煙

【アルコール】

【店のホームページ】
なし

※この記事は蕎麦鑑定士の試験として年間4件以上のレポートを義務付けられておりそのひとつです。なお、蕎麦WEBのほうにはレポート提出と同じ内容を当サイトにも掲載することを許可を得ています。


 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2017年2月には蕎麦鑑定士2級に認定されました。1級認定まで最低4年かかりますが、順調なら2018年2月に蕎麦鑑定士1級になれるはずです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。