粗挽き田舎の新そばとリースリングのドイツワインをあわせてみました

粗挽き田舎の新そば

土日だけの限定メニューですが、金沢市三馬の「しん馬」に十割の粗挽き田舎蕎麦があります。オーナーの中田さんにお願いして、ワインを持ち込みさせてもらいました。

ワインは、ドイツワインです。ラインガウ地区のクヴェアバッハ クラシック・リースリング。8年熟成のリースリング白ワインですが、これがまたおいしい。キレッキレの酸味とミネラル感があり、絶品辛口の白に仕上がっています。

冷たく冷やして持ち込みしました。お店に迷惑かけるといけないので、グラスも持参。おじさんがご持参です(笑)

このワインは、ワインブログを書いている人のツイッターで知りました。

http://taigakun-wine.com/querbach/より

このリースリングが嫌いな人はもう一生リースリング飲まなくていいよ。と言えるぐらい完成度が高いテンプレート的リースリングの味わい。

このコメントが殺し文句でした。飲んでみたくなりネットで取り寄せたワインです。
今、チェックしたら完売になっていました。もう買えないのか、と思うと、あと数本買っておけばよかったかも。
(あと1本だけキープしてありますけどね)

白ワインと粗挽き十割蕎麦にあわすのは塩ですね。塩をなめながら飲むリースリングもまたおつなものでした。

今回は、ご満悦状態の自分も登場です(笑)

しん馬のオーナー中田さんにはこのようなわがままを笑って受け入れてくださいまして本当に感謝感激です。ありがとうございます。

今回は、新そばでもあり、蕎麦自体がおいしくて、ついついおかわりをいただきました。結局、おかわり2回。おいしい蕎麦と白ワインもマリアージュ、これは大成功でした。またやってみたいです。

そば しん馬(しんま)
石川県金沢市久安5-383-1
電話:076-247-4884
平日11:00~15:00、土日祝11:00~16:00
定休日:火曜・水曜
席数:16席
駐車場:5台


 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
蕎麦鑑定士1級 2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2018年3月には蕎麦鑑定士1級に認定されました。1級認定まで4年かかりましたがよい勉強をさせていただきました。今後も趣味として(食道楽として)の「お蕎麦の研究」を続けていきたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。