草庵の十割蕎麦は粗挽きと田舎の二種類がありますが粗挽き十割は絶品です

草庵といえば石川県では常に人気上位の名店で、ミシュランガイドにも掲載されているすてきなお蕎麦屋さんです。

草庵には十割蕎麦がありますが数量限定です。とくに「粗挽き(あらびき)」は一日限定10食というレアな十割蕎麦です。もしも、十割粗挽きがオーダーできたら、絶対に一度は食べてみることをおすすめしたいいいお蕎麦です。

▼十割粗挽き蕎麦
草庵粗挽き十割蕎麦

草庵の粗挽き蕎麦は、少し細めに仕立ててあり、香りよし味よしの蕎麦です。食感は少し固めでコシがあります。この固さと噛みごたえがたまりません。個人的にはもう少し太めに切ったほうが味も香りもガツンとでそうですが、人気店ゆえいろんなお客様がいらっしゃるので食べやすさを考慮してこの細さにしたのではないかと思います。黒い星も程よく入っていて、味も香りも食感もバランス良く味わえる十割蕎麦です。クオリティの高さでも県内でもトップクラスの十割蕎麦でしょう。

▼十割田舎蕎麦
草庵田舎十割蕎麦

一方、もうひとつの十割蕎麦である田舎そばは太めで黒々とした仕上がりになっています。田舎そばは鬼皮も挽き込んであるのでしょうね、黒々とした麺体になっています。黒い星もあり田舎そば好きにはたまりません。粗挽き蕎麦に比べるとかなり太い麺ですが、口に入れると思いの外やわらかく、噛むともちもちした食感です。

また田舎そばにはそば味噌がついてきます。甘さを控え、かなり塩辛い蕎麦味噌です。最後に蕎麦湯をいただくときに、この蕎麦味噌を少し溶かすと、蕎麦湯の味わいの変化も楽しめます。

最近、草庵に来るとこの田舎そばと粗挽き蕎麦の二種類をいただくことが多いです。この二種の十割蕎麦の組み合わせはとても気に入っています。なお、出汁不要というと塩をつけてくれます。接客サービスがすばらしいのも草庵が人気の蕎麦店になっている理由のひとつでしょうね。やはりサービス業ですね。

草庵十割蕎麦はメニューを見ると二種類あります。
草庵十割蕎麦メニュー

草庵は風情ある古民家風です。

草庵玄関

草庵
石川県白山市鶴来日吉町ロ32
076-273-1090
営業時間 11:30~16:00 ※夜は要予約で蕎麦会席
定休日 木曜(祝日の場合は営業)

ミシュランガイド掲載店

 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2017年2月には蕎麦鑑定士2級に認定されました。1級認定まで最低4年かかりますが、順調なら2018年2月に蕎麦鑑定士1級になれるはずです。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。