土日しか営業していない越前市旧今立地区そばの名店が山路(やまじ)さんです

山路のおろし蕎麦

外一で太打ちのおろしそばをいただきました。

山路のおろし蕎麦

越前そばらしい太さ固さ香り味わい、とてもバランスのよいお蕎麦でした。噛みごたえがあって、噛むともちもちした食感がまたいいんです。最初は出汁につけずに食べましたが、香りがとてもよくて本当にいいお蕎麦でした。これでたったの600円というのは価格破壊ですね。

山路のおろし蕎麦

土日にしかやっていない蕎麦屋さんですが、超有名店です。県外からも土日のお昼めがけて多数のお客様がやってきます。今日は開店時間前から待機して入店しました。

山路のおろし蕎麦

看板が手作り風の木製看板で、とても味わいがありますね。

山路のおろし蕎麦

週末しかやっていないのに、店内も店外もとても手入れされています。

山路のおろし蕎麦

平日、ご主人は和紙職人だそうです。なので、メニューは越前和紙を使用した味わい深いものです。

メニュー内容はシンプルにおろし蕎麦が中心です。奥様がカフェをしたかったということで、週末にオープンしたということもあり、手作りケーキとカフェを提供しています。あいにく、本日はケーキはありませんでしたが、今度はケーキもいただいてみたいです。接客してくれたのが奥様のようですが、とても感じの良い対応で、また来たくなりました。

山路のおろし蕎麦

お庭も手入れされていてとても美しいです。開店までの待ち時間の間は楽しませていただきました。

山路のおろし蕎麦

場所は越前市粟田部町(旧今立町)です。このあたりは蕎麦の名店が立ち並ぶところです。森六勘助大福生蕎庵と、いう人気店が1キロ以内にひしめいています。蕎麦の食べ歩きで複数店を試してみたいという方には絶好のエリアです。興味ある方はぜひ。

越前そば山路(やまじ)
福井県越前市粟田部町67-12-9
電話:0778-43-1550
営業時間:11:00~14:00(土曜日・日曜日のみ営業)


 

このサイト(北陸の蕎麦食べ歩き)について

ご意見ご感想がありましたらこちらのフォームから送信ください。

 

遠田幹雄この「蕎麦食べ歩き北陸」というブログは遠田幹雄が一人で写真を撮影し主観で記事を書いています。
【特徴と傾向】本人は蕎麦好きのベジタリアンで肉と魚を食べません。鰹節が苦手なので蕎麦屋ではできるだけカツオ系は外してもらっています。鰹が強いダシは香りが強すぎて苦手なため、鰹が効いた出汁は使いません。大根おろし汁で食べるおろし汁蕎麦が一番の好みですが、醤油系のかえしや塩だけで食べる蕎麦も好きです。また、蕎麦は太めで香り高いものが好きで、蕎麦の香りをじゃまするような種物はあまり一緒に注文しません。
そのような理由から、このWEBサイトの写真は「鰹節なし」「ダシなし」の蕎麦だけのものが中心です。偏った情報に見えるかもしれませんがご容赦願います。
蕎麦鑑定士1級 2015年2月に蕎麦鑑定士4級になり、2018年3月には蕎麦鑑定士1級に認定されました。1級認定まで4年かかりましたがよい勉強をさせていただきました。今後も趣味として(食道楽として)の「お蕎麦の研究」を続けていきたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。
※遠田幹雄公式ブログには「蕎麦カテゴリ」もあります。蕎麦好きの方は遠田幹雄BLOGの蕎麦カテゴリもご覧になってみてほしいです。
このWEBサイトと連携している蕎麦食べ歩き北陸のフェイスブックページにも蕎麦情報があります。